DarksideDevils[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

darkside-devils

DarksideDevils[モーターファン]

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. トピック

自動車の乗車定員の「計算方法」「乗車イメージ」「注意点」を解説 これで完璧!クルマの乗車定員と子供の数え方。【シートベルトは足りないけど法律的にはOK】[1/3]

  • 2019/08/10
  • DarksideDevils編集部 北 秀昭
ツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加
▲法律上、「最大乗車定員7名」の車ならば、大人3人に12歳以下の子供4人が乗れるのだが……。

道路運送車両法では、「十二歳未満の小児又は幼児一・五人に相当するものとする」と記載。つまり、大人1名=子供1.5人分に相当する。たとえば『乗車定員=4名』の軽自動車の場合、大人2名の乗車ならば、子供3名乗れる計算となるわけだ。ではチャイルドシートは3つ必要となるのか? そのあたりも解説していく。
REPORT:北 秀昭(KITA Hideaki)

法律では「大人1名=12歳以下の子供1.5人分」に相当

 近くのコンビニで買い物していた時のこと。7~8人乗りと思われる1ボックスカーの中から、乗車定員を上回る、野球のユニフォームを着た小学校低学年と思われるチビッ子たちが、次々に下車。

 これを見た人の中には、「おいおい、乗車定員以上の人を乗せてるな。それって違反だぞ!」と思った人もいるはず。

 しかしこの場合。子供たちの乗車定員を、下記の計算に則して守っていたならば、違反には問われない。普通自動車運転免許証を所持している人ならば、教習所で習ったことがあるはずだ。

 なお、下記は年齢のみの記載。身長や体重については、記載されていない。

【道路運送車両法】乗車定員及び最大積載量について
第五十三条
2 前項の乗車定員は、十二歳以上の者の数をもつて表すものとする。この場合において、十二歳以上の者一人は、十二歳未満の小児又は幼児一・五人に相当するものとする。

「大人1名=12歳以下の子供1.5人分」は妥当な数字か?日本人の“平均体重”で検証してみた

 一口に「子供」といっても、6歳~12歳の子供を体重で比べてみた場合、下記のように年齢によって大きな差がある。

●日本人の平均体重(2015年のデータ・文部科学省調べ)
※男子/女子(kg)
・6歳 21.3/20.8
・7歳 23.9/23.4
・8歳 26.9/26.4
・9歳 30.4/29.7
・10歳 34.0/33.9
・11歳 38.2/38.8
・12歳 43.9/43.6

◎20歳以上の平均体重
※男子/女子(kg)
・20~24歳 65.3/50.4

上記を前提にした場合、

20歳以上の男女(2名)の体重→65.3kg+50.4kg=115.7kg
となり、計算上では、

11歳男子3名分→38.2kg×3名分=114.6kg
に相当する。

「子供が乗車できる人数」の計算式

(車の最大乗車定員-乗車する大人の人数)×1.5=「12歳未満の子供が乗車できる人数」

▲道路運送車両法では、大人は子供の1.5倍という考え方。大人2名=子供3名に相当する。

 道路運送車両法では、「十二歳未満の小児又は幼児一・五人に相当するものとする」と記載。ムムム、なんだかややこしいが、つまり、大人1人=12歳未満の子供1.5人に相当するということ。

→大人1名=子供1.5名
→大人2名=子供3名

という考え方だから……

(車の最大乗車定員ー乗車する大人の人数)×1.5=「12歳未満の子供が乗車できる人数(※小数点以下は切り捨て)」

 が算出できる。

≪例≫

・乗車定員4名の軽自動車に、大人が2名乗る場合、

 (4名ー2名)×1.5=3.0

 となり、12歳未満の子供が乗車できる人数は、3名まで。

アナタの愛車は法律上、何人の子供が乗車できる?【大人&子供の乗車人数一覧表】

 上記の計算式を元に、

・最大乗車定員
・大人の乗車人数
・12歳未満の子供が乗車できる人数(緑字)

 を一覧表にしてみた(下記)。

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ